テーマ:映画

ハンコックーー久しぶりのヒーロー物。

アクション物も良いが、こんなのも悪くない いやはや、歳取ったものだ、”ファンタジー”ランクの映画を借りるなんて。 アマゾンの変なところのUMDとかいう商品にコメントを入れてしまったが、とりあえず、ハンコックという映画です。 私は、犯罪物、アクション物、スパイ物、警察物などの映画しか見ないんだが、久しぶりにツタヤニに行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エリシャ・カスバート主演、dot.ドット

エリシャ・カスバート主演、dot.ドット アマゾンではこちらです。 原題:the Quiet(聴覚障害のため、ドットの周りには静寂が支配していることを意味している) 7歳の時に母親をガンで亡くしたドット(女学生)の話であるが、実に悲しい物語だ:聴覚障害のある父親は、警笛が聞こえなかったため、トラックに轢かれて即死。その…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

G・ワトキンス著:致死性ソフトウェア

G・ワトキンス著「致死性ソフトウェア上下」である。これは、意図されたソフトであるが、このソフトをインストールしたユーザーは、どのような種類のソフトであれ、そのソフトの使用に熱中するように仕組まれている。10年前のスペックのPCであるが、通信線でPCには、反応性のハンドル、光を発するset-top box:セット・トップ・ボックスとカメラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反戦映画:男たちの大和を見た(DVD)!!

戦争賛美の映画ではない。残酷な戦争を、当事者として、また、敗戦国として描いている、光る映画だタイトル通り、2006年8月4日からDVDで発売された「男たちの大和」を見た。私は、この映画を、広告などで、また、呉に造った「モックアップ」を保存したいという人たちが沢山いたりして、この映画に対する勝手なイメージを作っていた。それは、戦争賛美の映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

影のない男(lautlos)

影のない男。原題「Lautlos:音の無い男」、そう、あるプロの狙撃手の話。影も無く、音もなく、他に悟られることなく、暗殺(狙撃)を実行する男の話である。 一応のキャスト/スタッフを挙げる暗殺者(スパイダー):ヴィクトール(ヨアヒム・クロル)(ラン・ローラ・ランで出演)女(ニーナ):ニーナ(ナジャ・ウール)(レボリューション6出演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

好きなビデオと本

私の好きなビデオ(映画)と本のご紹介(2006年4月1日、2006年6月9日に一部追記)。元は、2006年3月8日 00:47に掲載した記事です。 短い人生が残る現在、現役の人とは違った選択になることは否めない。しかし、基本的に嗜好と言うのは変わらないのだろうかと思っている。 まず、反対のことから述べよう。嫌いなものはなから…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

レッド・リベンジャー

日本語題名は、レッド・リベンジャーであるが、原題は"Mechanik"である。音楽も中々ダイナミックだし、カメラアングルも素晴らしい森林を舐めるように進んでゆく。私はこのような雰囲気を好む。何かが起こりそうだ。しかし、音楽は中々良いですね。低音が効いて、ちょっといつかの 007シリーズと同じリズムで。 ロシアマフィアと訳しているが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワン・ポイント・オー

ワン・ポイント・オーと言うアメリカ映画。 ナノマイトという、極小のロボットで血管を通じて体内の任意の場所に薬剤を配達する技術の研究が完成した、と報道する新聞記事がストーリーの最初に登場する。それと同時に「脳を欠損した死体が発見された」と言う記事がある。実はこの2つが、最後までつながっている。この映画の分類はナノテク・ミステリ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボディ・フォー・セル

ドイツ映画だ。日本語の題名が良くない。ボディ・フォー・セルでは、買いにくいよね。私は、この題名を見て、スリラー映画で、臓器の密売にかかわるマフィアの映画かな?と思った。実際、ブライアン・フリーマントルの「屍泥棒」の短編集の内、第2話の「屍泥棒」では、臓器を摘出し、密売するためにダウン症候群の患者を収容する病院が関与している小説がある。余…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒルサイド・ストラングラー:丘の上の絞殺魔

いやはや、「ヒルサイド・ストラングラー:丘の上の絞殺魔」であるが、いくら、犯罪に関係する映画を見続けるのを目標としているとは言え、これはひどい。 アメリカ、カリフォルニアで現実に起こった、連続猟奇殺人事件を再構築したこの映画は、見るのにしんどい映画だ。「70年代に15人もの女性をレイプ、拷問の末殺害した、従兄弟同士の殺人鬼ビアンキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボディ・ダブル(代役の死体?)

二流映画のボディ・ダブルだ。Bodyは「死体」、Doubleは「代役」と言うことらしいので、「代役の死体」となる。 なぜこんな二流映画を見ることになるのか分からないのだが、ツタヤでレンタルしているので、そういうことになる。多少他の人も借りていて、まあ面白そうなストーリーであれば、一日くらいは楽しめる、と言うことがそもそもの動機。今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イン・ザ・カット

イン・ザ・カットである。メグ・ライアン(フラニー役)主演の、ニューヨークの下町を舞台とする映画。スリラーなんだろうね。 最後まで、犯人は分からず、それでいて、非常にはらはらさせる場面を沢山プレゼントしてくれたこの映画に、星5つを与える。女性監督の映画と言うが、良くやった。私は、エロ・グロ・ナンセンスを求めている訳ではないから、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンジェル・オブ・デス

エンジェル・オブ・デスです。さすが、アマゾンにはありませんでした。まあそれほどの映画。 ケースにひどい絵が載っているが、これは、中身には関係ありません。そのような場面もないし。 最初の殺人もなんで起こったの? なぜ必要なの?しかも、この人、殺すのにカーテンの陰から入って、確か"I'm sorry!"と言うんだよね。そして、殺して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘッド・ハンター

米国映画。ヘッド・ハンター 何ともお粗末な映画だな。時間を無駄にしたよ。実世界のヘッド・ハンターの方がすごいのではないか?主人公が開発したと言う技術、これも、そこら辺にある、トラッキングをするシステム。なぜ、これくらいのシステムを是非にも欲しいと言う人間が現れるか?それも理解不能。 ヘッド・ハンターとそれにつけ回される主人公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパイ・バウンド

フランス映画の「スパイ・バウンド」です。 やっぱり、フランス映画は良いですね。アクションばかりのアメリカ映画には無い味があります。渋味があります。ニュアンスが複雑で、結構深刻だし、人情味もあふれ、大変楽しめます。私は、リック・ベンソン監督の「ニキータ」が大好きですが、同じ味ですね。監督は違うようだが。 フランス映画なので、せ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

サスペクト・ゼロ

最初の内は少なくとも怖い映画だ。イントロは良いと言うことだろう。「サスペクト・ゼロ」とは、「検察が証明できる容疑無し」と言うことで、釈放された被疑者(達)のことを言うのだろう。そして、これらのサスペクト・ゼロ達を社会に代って殺害すると言う、「金さん」の心意気に近いものがある。 このストーリーの最初から、殺人事件が2件発生する。セー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

Insomnia, インソムニア(不眠症)を見て

アル・パチーノ主演のインソムニア(不眠症)だ。アル・パチーノは、ロサンジェルス市警より派遣された、刑事ウィル・ドーマーを演ずる。それに助演として、ロビン・ウィリアムズ(三流作家のウォルター・フィンチ)と、フィラリー・スワンクが、見習いを終了したてのようだが、根性のある、女刑事役(エリー・バー)として登場する。[もう、これからは、女性に世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

The Keeper, 監禁

The Keeper, 監禁だ。アーシア・アルジェントが好演?する。いわゆる、ミステリーか。 ちょっと、むしろ、めちゃ 変態の、クレブス警部補が、人形劇で子供たちの人気を集め、同時に、地方放送局の担当者に気に入られる。そして、この警部補(もう60前か)も、幼少期の両親のトラブルのトラウマに捉えられて、逃げられない人生を送っている。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バースディ・ガール

バースディ・ガール、Birthday Girl だ。日本語と題名も同じ。(Amazonへのリンクを忘れていました。) 内容は、イギリスのビジネスマン(銀行員)が、ちょっとまじめすぎると言う気性のため、相手に恵まれない。さあ、何歳だろう?30歳は超えているのだろう。勤続10年の記念に、係長(金庫管理者)に任命され、上司からその評価を聞か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パズラー

ドイツ映画だ。 分類は、ミステリーだそうだが、これは違っていると思う。多分、コメディだろう。 演劇学校の卒業作品としては、上出来ではないか。ピクニック気分を満喫できる作品である。どうして、ミステリーなのだろうか?そして、パズラーという日本語名も不明の一つ。 最近は、B級三流映画が流行っているらしいので、このジャンルの一つであろう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテル・ウンガリア(Hotel In Venice Hungaria Place)

イタリア、ベネチア(ベニス)を舞台にした映画。あるホテルがそのロケ地。ベニスの広場がそのロケ地。ある、新進の監督、ディレクター、脚本書き、女優達、男優達。その他のエキストラ、ベニスの広場そのものが、全ての画面を構成する。「ホテル・ウンガリア」である。"Hotel In Venice Hungaria Place"である。Amazonでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more