テーマ:アクション

影のない男(lautlos)

影のない男。原題「Lautlos:音の無い男」、そう、あるプロの狙撃手の話。影も無く、音もなく、他に悟られることなく、暗殺(狙撃)を実行する男の話である。 一応のキャスト/スタッフを挙げる暗殺者(スパイダー):ヴィクトール(ヨアヒム・クロル)(ラン・ローラ・ランで出演)女(ニーナ):ニーナ(ナジャ・ウール)(レボリューション6出演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レッド・リベンジャー

日本語題名は、レッド・リベンジャーであるが、原題は"Mechanik"である。音楽も中々ダイナミックだし、カメラアングルも素晴らしい森林を舐めるように進んでゆく。私はこのような雰囲気を好む。何かが起こりそうだ。しかし、音楽は中々良いですね。低音が効いて、ちょっといつかの 007シリーズと同じリズムで。 ロシアマフィアと訳しているが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボディ・フォー・セル

ドイツ映画だ。日本語の題名が良くない。ボディ・フォー・セルでは、買いにくいよね。私は、この題名を見て、スリラー映画で、臓器の密売にかかわるマフィアの映画かな?と思った。実際、ブライアン・フリーマントルの「屍泥棒」の短編集の内、第2話の「屍泥棒」では、臓器を摘出し、密売するためにダウン症候群の患者を収容する病院が関与している小説がある。余…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イン・ザ・カット

イン・ザ・カットである。メグ・ライアン(フラニー役)主演の、ニューヨークの下町を舞台とする映画。スリラーなんだろうね。 最後まで、犯人は分からず、それでいて、非常にはらはらさせる場面を沢山プレゼントしてくれたこの映画に、星5つを与える。女性監督の映画と言うが、良くやった。私は、エロ・グロ・ナンセンスを求めている訳ではないから、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンジェル・オブ・デス

エンジェル・オブ・デスです。さすが、アマゾンにはありませんでした。まあそれほどの映画。 ケースにひどい絵が載っているが、これは、中身には関係ありません。そのような場面もないし。 最初の殺人もなんで起こったの? なぜ必要なの?しかも、この人、殺すのにカーテンの陰から入って、確か"I'm sorry!"と言うんだよね。そして、殺して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘッド・ハンター

米国映画。ヘッド・ハンター 何ともお粗末な映画だな。時間を無駄にしたよ。実世界のヘッド・ハンターの方がすごいのではないか?主人公が開発したと言う技術、これも、そこら辺にある、トラッキングをするシステム。なぜ、これくらいのシステムを是非にも欲しいと言う人間が現れるか?それも理解不能。 ヘッド・ハンターとそれにつけ回される主人公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スパイ・バウンド

フランス映画の「スパイ・バウンド」です。 やっぱり、フランス映画は良いですね。アクションばかりのアメリカ映画には無い味があります。渋味があります。ニュアンスが複雑で、結構深刻だし、人情味もあふれ、大変楽しめます。私は、リック・ベンソン監督の「ニキータ」が大好きですが、同じ味ですね。監督は違うようだが。 フランス映画なので、せ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more